高層ビルを見上げる

東京のシェアオフィスで起業時の人員不足も解消可能

室内の人影

東京にオフィスを構えて起業を検討している方、賃貸オフィスを契約してオフィス環境を整えれば事業活動が簡単にできると考えていませんか?しかし、何もかもが不安定な時期ということもあり、経営者一人で切り盛りするのは負担も大きくなります。また、人材を確保にも苦労することは少なくはありません。ですが、東京のシェアオフィスは起業間もない時期、一人で経営する会社のサポートも充実しています。
シェアオフィスでは、各種受付応対、郵送物の転送サービス、秘書代行や経理代行サービスなどが充実しています。電話応対などは、打ち合わせ中で取引先からの問い合わせなどを逃すことがなくなり、機会損失を防止できます。また、スタッフを雇用すると月単位での人件費が発生し、一人で十数万円から二十万円前後かかるものが数万円の費用負担で済みます。シェアオフィスを利用することで、低コストで人員増強を行った効果を得ることができます。また、忙しい経営者の代わりに、経費処理を行ってくれる経理代行サービスを利用することで、コア業務に集中することができます。東京都内ともなるとアルバイトでも時給単価が高くなり、収益が少ない時期では経営を圧迫するリスクが高まるものの、シェアオフィスのサポートサービスをフル活用することで、影響を最小限に抑えることもできます。人材不足も避け、効果的な事業活動を行うならシェアオフィスに拠点を構えましょう。

シェアオフィスは東京都内でも立地の良い場所を選択できる

事業活動を行う上では、事業拠点は立地条件の良い場所を選択する必要があります。しかし、東京都内ともなると立地条件の良い賃貸オフィスは賃料や初期費用が高く、ランニングコストが経営を圧迫しかねません。駅から離れた場所なら賃料は安いものの、移動が不便なことや、会社の知名度を得られないということもあります。そこで、東京都内のシェアオフィスを利用するのがおすすめです。
シェアオフィスなら東京都内でも駅近くの物件も多く、徒歩数分という好立地条件の場所を選ぶことができます。立地条件の良い上、月額料金も安く賃貸オフィスでは毎月十数万円の費用がかかるのが、シェアオフィスなら十万円以下に抑えることもできます。また、東京都内のシェアオフィスには、銀行所有ビルのオフィスフロアを利用しているケースも多く、住所自体が高い知名度を持っているケースも少なくはありません。そのため、シェアオフィスを利用することで効率良く広告宣伝を行うことができ、郊外で人通りも少ない場所に比べて、受動的な効果を得ることもできます。また、立地条件の良さは取引先への営業活動、取引先の担当者が来所しての打ち合わせにもメリットがあります。会議室を完備しているため、安心して商談を行うこともできます。立地条件の良いシェアオフィスを契約して、会社知名度を高めましょう。

シェアオフィスで東京での足掛かり拠点を確保しよう

地方企業で東京進出や関東進出のための足掛かりとして、営業拠点を開設したいと考えていませんか?営業拠点といえば賃貸オフィスのイメージがあるものの、賃貸オフィスは賃料だけでなく敷金礼金、内装工事費用、OA機器やOA家具などの購入費用など、オフィス開設に至るまで数百万円を超える費用が発生することもあります。そこで、東京都内のシェアオフィスを利用するのがおすすめです。
シェアオフィスは賃貸オフィスとは異なり、契約して直ぐのオフィスを開設することができます。また。東京都内の好立地物件を選ぶこともでき、営業活動の足掛かりとして取引先への移動も行いやすい場所を確保できます。賃貸オフィスで拠点開設する際に数百万円かかるのが、シェアオフィスなら月額料金だけで済みます。進出の足掛かりとしてオフィスを開設したものの、営業活動が上手くいかず撤退する際でも、最小限の負担で済みます。また、足掛かりとして上手くいき、スタッフの増員などを行う際でも、シェアオフィスなら移転が行いやすいだけでなく、同じシェアオフィスで追加契約を行うだけで済みます。移転のために高額な費用負担を行うことがない上、同じ場所を利用できることから、営業活動への影響も避けられます。東京都内への進出先としてシェアオフィスを検討してみましょう。

コンテンツ